5,500円以上で送料無料※沖縄県を除く

「人と地球に優しい」ココナッツを活かした商品を扱う専門店

ようこそ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様

保有ポイント{@ member.total_points @}


[info] 2021.1.18 大雪の影響により一部地域において配達の遅延が生じております。ご了承くださいませ。
ココナッツオイルの選び方
  • <3種類のココナッツオイルの違い>

商品名 有機エキストラバージンココナッツオイル 有機プレミアムココナッツオイル 有機ココナッツMCTオイル
香り 香り5
ココナッツ特有の甘い香り
香り0
無香料
香り2
ほんのりココナッツの香り
オイル抽出方法 果肉を40℃以下の温風で乾燥させた後オイルを圧搾する、低温エクスペラー製法
(非加熱)
天日干しの果肉(コプラ)を圧搾(約80℃)後、活性炭と粘土鉱物で濾過・精製(化学溶剤不使用) ココナッツオイルの温度をゆっくり下げ、固まった脂肪酸を取り除く工程を繰り返す
中鎖脂肪酸
含有量
65.6%
ラウリン酸 50.8%
カプリン酸 6.2%
カプリル酸 7.7%
61.3%
ラウリン酸 48.6%
カプリン酸 5.7%
カプリル酸 7.0%
95.0%
ラウリン酸 13.0%
カプリン酸 38.0%
カプリル酸 44.0%
価格
(税別)
100g 1,000円
360g 2,400円
460g 2,400円
1,840g 3,200円
 95g 1,200円
280g 2,400円
特長 25℃以上で液体
20℃以下で固体
25℃以上で液体
20℃以下で固体
低温でも固まりにくい
(一部は固まります)
  • <お客様の声>

エキストラバージンココナッツオイル

奈良県生駒郡 yuki様

奈良県生駒郡 yuki様

昔々はココナッツの香りが苦手だったのですが、友人にココウェルさんのオイルを付けたパンを試食させてもらって以来、ココナッツオイルが大好きになりました!

やさしい香りと美味しさで、ずっとパンに付けて食べています♪

レビューをもっと見る

プレミアムココナッツオイル

千葉県八街市 ここなっつ様

千葉県八街市 ここなっつ様

我が家のオイルはすっかりこれに定着。

今までスーパーのやすーいサラダ油しか買っていなかった母には、高い買い物に感じたようでしたが、今では大ファン。

こんなにいいものはないと、愛用。

お料理、お菓子、ギトギトせず、酸化オイルのにおいもなく、本当に安心です。

レビューをもっと見る

有機ココナッツMCTオイル

大阪府茨木市 C.u様

大阪府茨木市 C.u様

香りが控えめなので、お料理の幅が広がります。

固まらないのでアイスコーヒーや冷たい飲み物にも入れられるし、やはり香りが控えめなので色々な飲み物にも入れられそうです。

香りが欲しい時には、エキストラバージンココナッツオイルと使い分けています。

レビューをもっと見る


  • <ココナッツオイルの特性>

  • 飽和脂肪酸が90%以上

オイルを構成する脂肪酸は炭素水素酸素から作られています。
その構造により「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けることができ、大部分の植物油は「不飽和脂肪酸」に分類されます。

不飽和脂肪酸は一部水素の欠けている部分(二重結合)があります。
この二重結合部分は連結する力が弱いため壊れやすく、すぐに酸素と結びついてしまいます。
この結びついた状態を「オイルの酸化」と呼びます。(二重結合が多いほど酸化しやすいオイルと言えます。)

一方、ココナッツオイルの主成分であるラウリン酸などの飽和脂肪酸は炭素の周りに隙間なく水素が結びついています。
酸素の入り込む場所がありません。
そのため、ココナッツオイルは酸化に強いオイルなのです。

「飽和脂肪酸」というとラードや牛脂を連想される方も多くおられますが、ラードや牛脂に多く含まれる飽和脂肪酸は主にパルミチン酸という「長鎖脂肪酸」でできています。
ココナッツオイルに多く含まれるのは、ラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸などの「中鎖脂肪酸」です。

飽和脂肪酸(ラウリン酸)ココナッツオイルの説明図

  • 中鎖脂肪酸

ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸は炭素数が12以下で、一般的な植物油に含まれる炭素数が14以上の長鎖脂肪酸に比べて分子が短く、体内で消化吸収されるルートが異なります。

長鎖脂肪酸は体内でリンパ管・静脈を通って全身の脂肪組織・筋肉・肝臓に運ばれ、必要に応じてエネルギーとして使われ、余った分は貯蔵されることになります。この貯蔵され続けたものが「体脂肪」です。

一方、中鎖脂肪酸は消化吸収に消化酵素の助けを必要とせず、「門脈」を通って直接肝臓に運ばれます。そのため、長鎖脂肪酸に比べて消化吸収は4倍、代謝は10倍早く分解され、短時間でエネルギーに変換されます。

天然の植物油の中で、ココナッツオイルほど多くの中鎖脂肪酸を含む油は他にありません。

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸の説明図

  • ラウリン酸

ラウリン酸は母乳にも含まれる天然成分で、抗菌、抗炎症作用があります。
このラウリン酸を多く含む代表的な食品が、ココナッツオイルです。

ラウリン酸は体内に取り込まれるとモノラウリンという小さな脂肪酸に変化します。
このモノラウリンは体内で見つけたウイルスや細菌の細胞膜に付着し、破壊する働きがあります。
また腸内の悪玉菌を攻撃するとともに善玉菌を活性化させます。
ラウリン酸は元気な身体を維持するのにとても重要な役割をします。

6件中 1-6件表示
6件中 1-6件表示
  • お得・最新情報をGETしてね メールマガジン登録
  • オフィシャルサイトはこちら ココウェル
  • 全国取扱店舗
  • 電話FAX注文化