5,500円以上で送料無料※沖縄県を除く

「人と地球に優しい」ココナッツを活かした商品を扱う専門店

ようこそ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様

保有ポイント{@ member.total_points @}

有機プレミアムココナッツオイル 460g

商品番号 M028
¥ 1,026 本体価格 ¥ 950
[ 29 ポイント進呈 ]
4.88
33
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    使いやすさに感動しました。入り口付近を少し揉むと、中のオイルが柔らかくなりスムーズに出て来ました。フードプロセッサーでアイスボックスクッキーを作りましたが、他の材料との馴染みが良く、生地の固さがkeepされて切りやすかったです。今まで作った中で一番きれいに仕上がりました。
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    本当にこれココナッツオイルなの?!と、びっくりするぐらいココナッツの香りや味がせず、安全な精製方法でオイルを抽出されている点も安心で、素材の味を引き立たせたい炒め物や、鉄のフライパンの油ならしに重宝しています。揚げ物も試してみたい! ただ、オイルプリングには、私はこちらのオイルは合わず、、、エキストラバージンココナッツオイルのほうを愛用しています。
  • 購入者
    大阪府 40代 女性
    投稿日
    全く臭いが気にならず使えたので、 自宅の油はココナッツオイルに変更しました。 なんにでも使えて大変助かります!


ココナッツオイルとは?

植物油では珍しく、90%以上を「飽和脂肪酸」が占めるオイルです。
そのため植物油の中でもっとも酸化に強いのが特長です。
飽和脂肪酸と言っても、ココナッツオイルはその60%以上が「中鎖脂肪酸」(MCT)で構成されているので、「長鎖脂肪酸」を多く含む牛脂やラードとは性質が異なります。
中鎖脂肪酸(MCT)はエネルギーとして燃焼される効率がよく、一般的な植物油の長鎖脂肪酸より中性脂肪になりにくい特徴があります。
また、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクがあるといわれるトランス脂肪酸を含みません。
25℃以上で液体、20℃以下で固体に変わります。
冷たいものと一緒に食べても体内でオイルが固まることはありません。

抗菌・抗炎症作用のあるラウリン酸を含有。
中鎖脂肪酸の一種である「ラウリン酸」は母乳にも含まれる成分です。
菌や炎症から体を守る働きがあります。
細胞膜の主成分は油なので、良質な油を摂ることで攻撃を受けにくい細胞膜を作ることができます。




初めて使うならコレ!!

「ココナッツの香りが苦手・・・」「私は好きだけど家族が嫌がるから・・・」という理由で、ココナッツオイルが使えない。
体にいいのはわかっているから取り入れたいのに!と思っている方に、有機プレミアムココナッツオイルはうってつけです。




ここがすごい!

  • ココナッツの香りがしません

何と言っても最大の特長はこれ。
ココナッツオイルで作ったよ!と言われてもわからないくらい、お料理にすんなりなじむオイルです。

  • お料理のジャンルを問いません

和洋中を問わずに活躍します!
ココナッツの香りはありませんが、オイルの旨みがしっかりあるのでお料理を引き立てます。

  • 加熱調理はもちろん、生食にも

一般的な植物油は加熱すると酸化しやすいため、生食で摂ることが望ましいものが多いです。
ココナッツオイルは酸化に強いので、加熱調理にはもってこい。
もちろん生食もできますので、用途がさらに広がります。


120℃で加熱を続け、酸化するまでの時間を計測。温度が高ければ酸化時間も早まります。
※2017年5月31日 日本食品分析センターでの分析試験結果

  • 揚げ物も失敗しにくい

「油の温度が高すぎなくてもカラッと揚がる」「油切れがいいのでべたつかない」と、うれしい感想をたくさんいただきます。
分子の細かい中鎖脂肪酸の多いココナッツオイルならではです。

  • ご飯を炊く時にも?!

お米(白米、玄米、雑穀米どれでも)を研いでいつもの分量のお水を入れてから、1合につき小さじ1のココナッツオイルを入れて炊飯します。
(オイルは固まったまま入れてもOK!)ふっくらつやつやのご飯に!
冷めても美味しいと評判です。




お召し上がり方


  • 揚げ物に

  • ご飯を炊く時に

  • 炒め物に
  • 低温で固まってしまったら・・・

有機エキストラバージンココナッツオイル同様、有機プレミアムココナッツオイルも20℃以下で固形化します。
固まってしまうと、残念ながら口栓からオイルを注ぐことはできません。

袋の上部を横にカット

袋の上部を横に大きくハサミでカットし、バターナイフなどで少しずつ削り取ってお使いください。
加熱調理の際は、フライパンなどの予熱でオイルを溶かします。

【保管方法】
開口部を折り返してクリップなどでとめ、水分や異物が入らないように保管してください。
開封後も常温保管できます。




広口の容器に移し替える

ぬるま湯で湯せんして溶かし、広口の容器に移し替えます。(温度が低いとまた固まりますが、品質は変わりません。)
袋の上部をカットした際と同様に、バターナイフなどで削り取って使います。





製氷皿に流し入れ、冷やし固める

ぬるま湯で湯せんして溶かしたオイルを製氷皿に流し入れ、冷蔵庫で約2時間冷やして固めます。
保存容器に移し替え、使う際に必要な個数を取り出してください。
(柔らかい素材の、粒の小さいものができる製氷皿がおすすめです)






製造方法とよくある質問



ココナッツの上質な果肉を乾燥させたコプラを使用。


固形分をろ過して取り除く。


ヤシ殻活性炭と天然粘土鉱物を使用し、化学製品を使わない方法で精製。


有機プレミアムココナッツオイルができあがり。


※一般的に、ココナッツの香りがしないココナッツオイルは「RBDココナッツオイル」と呼ばれます。
精製(Refined)、漂白(Bleached)、脱臭(Deodorized)の頭文字を取ったものです。
これらは工程上、化学溶剤を用いるものが多いため、「使わない方がよい」と言われることもあります。
ココウェルの有機プレミアムココナッツオイルは化学溶剤を使わない方法でオイルを抽出しています。
「毎日使って、健康な体作りに役立てていただきたい」という想いを込めた商品です。
安心してお使いください。


  • よくあるご質問

Q.有機エキストラバージンココナッツオイルとの違いは?
A.ココナッツの香りが「ある方がいい」か、「なくてもいい」かでお選びいただいています。
MCT(中鎖脂肪酸)は約60%、バージンオイルの約65%と比べて、他の成分も含めて大きな差はございません。

Q.パッケージがビンではないけど、大丈夫??
A.日本国内で製造したパッケージを使用しており、インクも含めて、化学物質(ビスフェノールA・S、カドミウムや鉛などの重金属)などは含まれておりません。
またオイルによってパッケージ成分などが溶けだすことはありません。

Q.有機エキストラバージンココナッツオイルに比べて少し黄色がかっているのはどうしてですか?
A.有機エキストラバージンンココナッツオイルは生の果肉からオイルを抽出していますが、有機プレミアムココナッツオイルは、ココナッツの果肉を乾燥させた「コプラ」から抽出しているからです。
安心してお召上がりください。

Q.認知症やアルツハイマー病に効果があるの?
A.アルツハイマー型認知症は「第三の糖尿病」と呼ばれ、ブドウ糖をうまくエネルギー源として使えないことで起こります。
近年の研究で、ブドウ糖の代わりにケトン体も脳のエネルギー源になることがわかりました。
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸(MCT)はケトン体を効率よく産生できるため、認知症やアルツハイマー病の予防、改善に期待されています。

Q.精製する時に加わる熱は何度ですか?
A.精製時に加わる熱は約80℃となります。加熱は精製時の1回のみとなります。




栄養成分表示

賞味期限2023年1月(未開封時)
開封後は3か月を目安にお使い切りください。
BPAフリーのパッケージを使用しております。
容量460g(500ml)
原材料有機ココナッツオイル
栄養成分
(14gあたり)
エネルギー(126kcal)、 たんぱく質(0g)、 脂質(14g)、 飽和脂肪酸(12g)、 トランス脂肪酸(0g)、 コレステロール(0g)、 炭水化物(0g)、 食塩相当量(0g)、 中鎖脂肪酸(8.5g)
原産国フィリピン
保管方法直射日光を避け、常温保存。20℃以下で固形化します。
ご注意点ココナッツオイルは劣化しにくいオイルですが、開封後は清潔にお使いの上、お早めにお召し上がりください。

商品レビュー

おすすめ商品

前へ
次へ
  • お得・最新情報をGETしてね メールマガジン登録
  • オフィシャルサイトはこちら ココウェル
  • 全国取扱店舗
  • 電話FAX注文化